calendar

2014年11月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

archive

category

第三の視力矯正方法

日本人って眼鏡をかけている率がものすごく高いそうなんです。
実に、50%。この事実、知ったときに「え? 本当に?」と思ってしまいました。何と6000万人以上が眼鏡をかけているそうなんですよ。
日本の人口って1億2千万だか1億3千万だかですから、本当に半分半分という感じなんですよね。二人に一人は眼鏡をかけている計算になります。

これは眼鏡率ですから、コンタクトも含めれば、矯正視力を必要としている人の割合はもっと増えることになるでしょう。
どうしてこんなに目が悪い人が多いのか。それは置いておくとして、今まで視力矯正の方法といえば、第一に眼鏡、そして第二にコンタクトという、この二つの方法しかありませんでした。

近年になって、新しく第三の方法が登場するまで、他の選択肢はなかったのです。だから、その第三の選択肢に注目が集まったのは、ある意味当然と言えるのでしょう。
その第三の選択肢とは、レーシック手術です。

レーシックとは、Laser in Situ Keratomileusisそれぞれの頭文字を取って、「LASIK」、レーシックというのは略称です。
文字を紐解いて行けば、レーザーを利用して角膜を修正する、という手法を用いた手術、ということになります。

用いられるレーザーはマイクロケラトームと呼ばれるもので、これを角膜に照射することで角膜を蓋の型(フラップ)にカットします。
角膜をカットした後は、角膜内部をさらにエキシマレーザーで照射して蒸発させ、厚みを減らします。これによって、角膜の屈曲率を変化させ、物の見やすさを改善するのです。
すべてが終われば、再び角膜を元の形に被せて、施術終了。手術終了後しばらくは目を閉じ、物を見ないようにしていなくてはなりませんが、数日で包帯も取れ、視力が快復した状態で景色を見ることができるようになります。

角膜内部には神経が通っておらず、施術中は麻酔も効いていることもあり、まったく痛みはありません。
屈曲率を変化させる、という実に合理的な手術であるため、レーシック手術が成功した暁には、視力が快復する可能性は非常に高いのだそうです。中には、一度の手術では不十分で、二度、三度と繰り返さなくてはならない人がいますが、それでも成功率は非常に高い、第三の視力矯正方法として現在多くの方が期待している方法だと言えるでしょう。

しかし、施術箇所が目であるだけに、判断は慎重に行いたいもの。あらゆる手術に同様のことが言えますが、レーシック手術も成功率100%ではありません。施術を担当する眼科医の腕にかかっていると言っても過言ではないでしょう。そのため、レーシック手術を受けるためには、適切な腕を持つ眼科医のいる眼科を選ぶ必要があります。

ここでは、レーシック手術の重要性を説きながら、諸問題とその解決方法などを、一緒に学んでいきたいと思います。