calendar

2014年4月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

archive

category

コンピュータ制御

レーシック、エピレーシックに並ぶ、もう一つのレーシック手術方法があります。
それが現代では主流となっており、もっとも安全で、かつ広範囲の人の視力を矯正することができる治療法とされています。

それはイントラレーシックと呼ばれるもので、イントラレーシックにはイントラレーザーを用います。
イントラレーザーで作るフラップはマイクロケラトームで作るフラップよりも薄く、エピケラトームで作るフラップよりはやや厚みがあります。

イントラレーザーによる手術の最大のポイントは、完全にコンピュータ制御されているという点です。つまり、医師の腕や知識が未熟であるために負いかねないリスクを避けることができるのです。
非常に精密な操作を必要とするマイクロケラトームやエピケラトームでは、本来削るべきではない部分を削ってしまい、角膜に傷をつけてしまうという医療トラブルが起こる危険性があります。しかし、イントラレーザーであれば、コンピュータによって制御されているため、無駄な傷をつくることはまったくありません。
もちろんそれでも、フラップの厚みを作る際に要する数値を入力したり、レーザー照射の出発点などを決めるのは眼科医であるため、医師が未熟であっても可能な手術というわけではありません。しかし、少なくとも医師の技術不足によって余計な負担をかけられることはなくなったと言えます。

コンピュータ制御の利点は、数値さえ同じなら寸分狂わず同じ厚み、同じ形状のフラップを作ることができるという点です。また、厚みはすべて均一であり、わずかな狂いもありません。このため、他のレーシック手術よりもはるかに術後の経過が良好で、視力矯正の成果も高くなりました。ハロー・グレア現象やその他の後遺症に悩まされるリスクも減ったため、安全面、確実性などの観点から、現在ではイントラレーシックが主流となっています。

万が一、再手術ということになったとしても、イントラレーシックであれば残存角膜量に配慮した厚みでフラップを作ることが容易であるため、再手術しやすく、そもそも失敗しづらい手術方法として注目を集めています。
今後、レーシック手術はイントラレーシックが基本になっていくだろうと言われており、今後ますます技術が発展することが期待されています。

Comments are closed.