calendar

2014年9月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

archive

category

もう一度考えて

手術を受ける前に、根本的な部分に立ち返って、再度考えてみましょう。

なぜ、レーシック手術が必要なのでしょうか?
第一、第二の視力矯正方法に次ぐ第三の視力矯正方法として、レーシック手術は今、注目を集めています。
しかしそれは、第一、第二の視力矯正方法が、まったく利用しがいのあるものではないため、急遽用意する必要に迫られた結果ではありません。
眼鏡もコンタクトも、多くの人が現在も利用しているように、視力矯正方法としては高い成果を上げ続けています。

にも関わらず、安全性の高い方法が開発されているとは言え、手術という重大な機会をもうけ、また多額の費用を払ってでも、手術を受ける必要があるのでしょうか?

レーシック手術を受けることによって、生命が救われるということはありません。快復するのは視力であり、視力そのものは、他の代替手段、眼鏡やコンタクトレンズでも充分に矯正することが可能なものです。
レーシック手術は、他の主な治療手術とは異なり、必ずしも受けなければならないようなものではありません。事実、レーシック手術を受けることを決め、実際に施術を受けた人よりも、今でもまだ眼鏡やコンタクトレンズを利用して生活している人のほうが多いのです。

あなたにとってレーシック手術がどのような意味を持つのかは、当人にとってしかわからないものです。
負担を覚悟してでもレーシック手術を受ける価値があると判断したからこそ、レーシック手術を受けることを決めたのだと思います。

それは、世間的に受けたほうが良いと言われているから、というものではなく、本当に真に迫った、切実な思いから起こるべき希望であるべきです。
手術は安易な選択で受けるべきではなく、ましてや少なからぬ数の人が、健康被害を訴えている、リスクがまったくないわけではない手術を、切実でない思いから受けることには、少し躊躇したほうが良いのではないかと思います。

もし、なぜレーシック手術を受けたほうが良いのか、その理由が定かではない、何となく受けようと思った、という程度の考えであるならば、適切な眼科選びと並行してでも、なぜレーシック手術を受けたほうが良いのか、自分にとってそれで得られる価値とはどのようなものなのか、他の手段では代替できないのかなど、再考したほうが良いと思います。

それでもなお、自分にとってレーシック手術を受けたほうが良いという確固とした理由があるのだとすれば、その理由を是非とも叶えてください。
それだけ重大な理由があるのだと思います。目的を達成するためにも、必ず手術を成功させられるような、優良眼科を見つけなければなりません。

Comments are closed.