calendar

2014年10月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

archive

category

生まれ変わったような

一般的に言われている、レーシック手術を受けることによるメリットは、やはり眼鏡やコンタクトを身につけなくても良くなるというものが圧倒的に多いのです。

それには、非常事態の際に、眼鏡やコンタクトレンズを装着していないと、満足に避難することもできないというとても深刻な悩みもあります。
睡眠時は眼鏡もコンタクトレンズも外しているため、もし寝ている最中に地震が起きたら。
飛び起きて、すぐに外に逃げ出さなくてはならない状況でも、まずは眼鏡やコンタクトレンズを探すところから始めなくてはならないのです。万が一、避難中に壊れてしまったら、まさに五里霧中です。誰かに手を引っ張ってもらわなければ、外を歩くことも、走ることもできません。

こういった状況を想定するのであれば、レーシック手術が意味を持つ場面というのも想定することができるでしょう。レーシック手術を受けることで、視力矯正が可能になれば、眼鏡やコンタクトレンズなしでも外出することができるようになります。

眼鏡をつけながら、あるいはコンタクトレンズをつけながらではできないことができるようになる。それがレーシック手術を受けることによって得られるメリットを簡潔に説明する言葉でしょう。

物の見え方そのものは、眼鏡やコンタクトレンズを使用しているときとさして変わらないと思います。むしろ、眼鏡やコンタクトレンズで矯正した視力のほうが、よりよく見える場合もあるでしょう。レーシック手術によって快復する視力は人によって個人差があり、必ずしも満足な視力が快復するとは限りません。1,0ではなく、0.5程度の人もいます。ちなみに、車の運転のためには、視力0.7以上が必要条件であるため、0.5までしか快復しなかった人が運転をするときには、いずれにせよ眼鏡やコンタクトレンズを装着する必要があります。

しかしそれでも、今までは満足に物を見られるようになるまで、一手間必要だったことが不要になるというのは、精神的な開放感があることでしょう。
眼鏡やコンタクトレンズなしでも、周囲の状況がはっきりと見渡すことができる。その開放感は、今、眼鏡やコンタクトレンズを装着している人であれば、切望するものなのではないでしょうか。

なぜ、レーシック手術を受けるのか。その答えが定まっているのであれば、レーシック手術を受けて、後悔することはないと思います。
もちろん、信頼できる眼科を探し、信頼できる医師に担当してもらうことが前提です。決して悪質な眼科を利用することのないように、絶対に注意を欠かしてはいけません。

レーシック手術が成功したとき、文字通り生まれ変わったような気分になるはずです。

Comments are closed.